FC2ブログ
行ってきましたトーマスランド その2
お久しぶりでございます。
久しぶりの更新となりました。

夏休みに富士急ハイランドのトーマスランドに行ってきました。
トーマスランドの記事はこちら


この記事は富士急ハイランドリゾートホテル&スパのトーマスルームに宿泊した時の記事です。
大人もとても楽しかったのでこちらも簡単にご紹介したいと思います。
富士急ハイランドにトーマスランドがありますが、こちらのホテルではトーマスとなかまたちが
テーマになっているお部屋がいくつかあり、どうせ富士急ハイランドにいくならこのホテルの
トーマスルームに泊まりたいと常々妄想考えていました。

主人の仕事の都合でお盆休みがハイシーズンと重なるということもあり、
トーマスシリーズの部屋は8月は1年前から予約でいっぱいということでしたので、
早めに予約して、ようやく今回の実現に至りました。
もしご旅行をお考えの方は早めにご予約なさるとよいと思います。
キャンセル待ちもありですが、何番目になるかわかりませんからよく相談してみてくださいね。


電話予約をしたときに、たまたま「駅をテーマにしたお部屋」が空いていたので
こちらにしましたが、とっても細かいところまで作りこまれていて本当に楽しかったです!
前日にトーマスランドのわくわくライドに乗った方はすごくうれしいと思います。
ナップフォード駅まんまですからね。

2787.jpg
まず部屋に入った瞬間、息子と娘が「わあー!!」と歓声をあげました。
私もびっくりして思わず歓声あげました、このレリーフが迫力あるんですよ。
壁一面ですからね~!
部屋に入るまでは「へっ!言うてもトーマスでしょ?」とかなめてかかってましたが再現性が
半端なかったです、圧倒されました。

お部屋はナップフォード駅を模したお部屋で、天井にはちゃんと駅の屋根がついていて、
トーマスとパーシーは駅に着くところ、ジェームスは今出て行ったところ、みたいな
レリーフになっていました。
わくわくライドの後では余計に感動します。
屋根の向こう側は青空の天井、蓄光?の星のシールがあって、夜はナップフォードの屋根越しに
星空をみるかんじです。

ジェームズのほうの壁にはナップフォードのホームから見た駅長室、が見えるようになっています。
2790.jpg
壁には時計があってちゃんと現在時刻が表示されていました。
わくわくライドのナップフォード駅と同じ時計です。
芸が細かいなーと思いました。
ガラスの向こうは駅長室、デスクがあって書棚があって、という感じです。
実際に駅長室があるわけではなく、駅長室があるようにしてある写真だったのですが、
ガラス窓の演出のおかげで雰囲気はよく出ていて、私は気に入ってしまいました。
他にも子供がハンドルを回して遊べるギミックがあったりして、娘は本当に気に入ったようでした。
部屋にいる間はずっと楽しくやっていました。


2804.jpg
駅の屋根の外(つまり空にあたるところ)にはハロルドがいました。
子供たちはキャーキャー言っていました。
かっこいいです、できたらうちにも天井から下げたいくらい。

こちらがお風呂場
2792.jpg
壁いっぱいにトーマスのタイルです。
ちゃんとおなじみのヘンリーやエミリー、ゴードンもいましたよ。
壁がぐるっとトーマスキャラです。

こちらは桶とマットです。ちゃんとトーマスキャラでびっくりします。
ちなみに大人用もちゃんとありまして、そちらはトーマスはついていません。
2819.jpg
洗面所にも子供用のステップが用意されていて、ちゃんとトーマスの絵柄がついていました。

こちらはトイレ。
トーマスのマットがかわいらしいです。
この部屋はハロルドがいたから、うまく揃えているのでしょうね。
2794.jpg

これなんだと思います?
2795.jpg
なんとトイレットペーパーまでトーマスなんです!
これには驚きました。
ちなみにトーマスランドのエリスブリッジ駅の土産物屋で売っているそうです。

しかしトーマス尽くしの反面、オーガニックコットンのタオルが置いてあります。
敏感肌やアレルギーのお子さんでも使えるよう洗濯にも気を使ったもののようです。
子供に使わせていただきましたが手触りも非常に良かったです。
キャラで浮かれただけのお部屋ではなく宿泊する子供さんへの配慮もされていたので驚きました。
特にそのようなお願いはしていなかったので。
おそらくお子さんが宿泊するというお部屋にはあらかじめ用意するのでしょう。
大人のお部屋にはないそうです。


夕飯はバイキングなのですが、コロッケにもトーマスの焼き目がついているものがありました。
とにかくすべてがトーマスです。
朝食も圧巻でした。
ふりかけもトーマス、そのふりかけの容れ物もトーマス、食器もカトラリーもみんなトーマス、
朝ごはんの間にぬりえができるよう置いてくれているのですがそれもトーマス。
お部屋以外にも子供が使うものは何もかもみんなトーマスで、トーマスルームに泊まれなくても
好きな子は楽しめると思います。

何よりホテルの方がみなさん親切で、安心して宿泊することができました。
夕御飯の最中、子供は遊び疲れて上の子なんかは一口食べてそのまま席で眠ってしまったのですが、
ブランケットを貸してくださり、ソファで寝かせて休ませてくださって、残りのお食事は
お部屋に運んでくださいました。
おかげさまで子供が夜中におなかを減らして目を覚ましたときに食べることができました。
こういうことをさらりと手配して下さり「お母様もごゆっくりおくつろぎください」とか言ってくださって。
もうこういう一言や行動が、日常の育児に疲れた私には非常にありがたかったです。

もちろん夕食のバイキングはお食事もお酒も本当に美味しかったです。
チョコファウンテンなどもあり、子供も楽しめましたがバイキングのお料理も豊富でお酒も美味しいし
「ホテルのお食事」を満喫できました。
子供連れで旅行すると、母親は結局子供の世話をしなくちゃいけなくてなかなか思うようにゆっくりと
食事することができないのですが、このときは世話をしつつもゆっくりいただけました。
ホテルの関係者の方々の暖かい細かいお心遣いに泣けましたね。
本当にありがとうございました。

子供たちはトーマスランドにトーマスルームという最強のコンボで終始興奮しっぱなし。
お部屋からは富士山も真正面に見えるのに、誰も富士山を気にしていないでトーマスばかりを
見ているという贅沢ぶり。
来年も子供たちのトーマス熱が延長してたらぜひ行きたいです。

2776.jpg
河口湖駅で見かけたふじさん特急。
乗ってみたかったです。
息子はニヤニヤしていました。

2758.jpg
画面右側にトーマスランド号が見えます。
来年はこいつに乗ってきたいですね!
うーん…、仕事頑張ろう!(笑)
[2013/09/07 19:20 ] | 電車 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
行ってきましたトーマスランド その1
お久しぶりでございます。
ご無沙汰しておりました。
久しぶりの更新となりました。

夏休みに富士急ハイランドのトーマスランドに行ってきました!
宿泊の記事はこちら


電車好きではありますが、トーマスはまあまあ、という息子と娘。
小さいうちしか行けないだろうということで今年の夏休みには富士急ハイランドのなかにある
トーマスランドに行くことにしました。
私どもが行った時には、たまたま15周年イベントなんかもやっていました。
2911.jpg


富士急ハイランドの一角にあるのがトーマスランドです。
3124.jpg
観覧車から撮影

うちの4歳息子にはちょうどいいボリュームでした。
そこそこ乗り物あるし、ランド内はそんなに広くないし、ところどころ楽しめるオブジェなどもありました。
就学前の子もたくさんいて、みんな楽しそうでしたよ。

とりあえずトーマスとパーシーのわくわくライドに乗ることに。
wakuwakuraido.jpg
一周がだいたい5分くらいで、とても楽しめました。

ナップフォード駅からスタート。
3119.jpg


この日はジェームズとパーシーに乗れる日でした。
wakuwakuraido2.jpg
聞いた話では午前午後でも乗れる汽車が違うようなので、好きなキャラに乗りたい場合はチェックしてみてください。
この日は結構並んでいましたがそんなに待たされず、子供たちもなんとか我慢できました。

駅構内です。
屋根があって、ホームのナンバーが柱についています。
2917.jpg
フラッグは15周年ということでトーマスと仲間たちのイラスト付き。

ナップフォード駅の時計です。
2925.jpg

私たちが乗ったのはジェームスでした。
トーマスとパーシーは小型の機関車ですが、ジェームスは二人よりも車体が大きいですよね。
わくわくライドではジェームスだけ機関室?というか、石炭を積んでいるところに乗れるようになっています。
行列の先頭の方には、ジェームスに乗るか客車に乗るか聞いてくれます。
幸運な方はジェームスに乗りこんで、出発するときに汽笛を鳴らせるんです。
行かれる方は楽しみにしていてくださいね。
行列の2番目以降のお客さんはジェームスに牽かれている客車に乗車することになります。
ジェームスに屋根はないので炎天下では非常に大変そうですが、乗っていた方はとても楽しそうでした。

たまたま出勤中のトップハムハット卿↓
2957.jpg

この暑いのにネクタイしてさすが英国紳士、さすがソドー鉄道の局長!
お顔は本物?のハット卿とは全然違いましたが、すごくテンションあがりました。
めっちゃ親切でめっちゃフレンドリーでした。

意地悪貨車の向こうにパーシーが見えます。
2944.jpg
私たちの前に出発したお客さんたちが乗っています。
ナップフォード駅を出て、降車駅のエリスブリッジ駅に向かう途中のパーシーです。

2962.jpg
お休み中のトーマス。
客車がアニーとクララベル的になっています。

あとは物語の世界を再現しているソドー鉄道の旅に出発です。
ジェームスがお話しながら案内してくれます。
途中色々な仲間たちが出てきます。
機関車だけでなくバーティーやハロルドも出てきます。
特にハロルドは木々の合間から離陸するところを出くわすので、行かれる方は見逃さないようにしてくださいね。
トーマスシリーズが好きなお子さんはそれぞれの機関車のエピソードで印象的な場面が再現されていて
かなり楽しめると思います。

2971.jpg

レディがいました。
娘が持っているプラレールがレディなのでこれには「レディ!レディ!」とたいそう喜んでいました。
やっぱり素敵です。
(家に帰ってプラレールのレディをしみじみ見ましたがかなり再現性が高かったです。)

2984.jpg
トンネルの中でぞうさんとはちあわせたヘンリー。
これもヘンリー好きのお子さんは「あのシーンだ!」と喜ぶことと思います。
すごくよくできていましたよ。

2972.jpg
ディーゼル10です。
ここの汽車やバスたちは表情がいきいきしていて、とてもよかったです。
ソドー鉄道がそのまま楽しめる世界で、大人の私も気に行ってしまいました。

ソドー鉄道の駅員さん。
2978.jpg
現在放送中のCGでない頃の駅員さんです。
めちゃくちゃ再現性が高くてびっくりしました。
あーなつかしい!こんな顔してた!とかって自分の中では盛りあがりましたが、うちの子供たちは電車に夢中でした。

ゴードンの看板。
3002.jpg
私は実はトーマスシリーズの中では一番ゴードンが好きです。
なんせパワフルな急行列車ですからね!
「きかんしゃトーマス 伝説の英雄(ヒロ) 」の映画に出てきたときは、トーマスたちに絡んでくる
スペンサーの気を逸らすためにスピード勝負を持ちかけてきたりして、なかなか男前です。
最新のスペンサーのほうがスペック的には早いはずなんですが、ゴードンが勝つんですよ。
頼れる機関車です。

ぐるっと一周して、エリスブリッジ駅につきました。
3007.jpg

このエリスブリッジがよくできていて、お土産物屋さんになっています。
3011.jpg
ありとあらゆるトーマスグッズが売っています。
買う気でいらっしゃる場合は良いのですが、そうでもない場合は欲しがり屋さんのお子さんがご一緒だと
親御さんは困ることになるでしょう。
そそくさと通過するのもいいのですが、富士山のミネラルウォーターのトーマスバージョンなどがあって
かわいいです。
ネットでも入手できるものもありますが、ここでしか買えないものもありそうなのでチェックしてみてください。
バンダナとか、新宿駅から富士急ハイランドまでのバス「トーマスエキスプレス」をかたどったバス缶が
おそらくオリジナルグッズだと思います。
エリスブリッジを出ると、親子ペアでトーマス柄のポロシャツなどを販売しているお店などがあります。
いかにもトーマス!ってかんじじゃなくて、よく見ると柄がトーマス、というような素敵なシャツも
ありました。


K'sトーマスカフェで簡単に休憩しました。
3013.jpg
ボックス席にはそれぞれキャラの名前が書いてあります。
テレンスが空いていたので座りました。
カレーライスなどのお食事からポテトやドリンクなどの軽食系があります。
トーマスカレーなど子供たちがよろこぶようなお食事です。

私たちは大人がドリンク、子供がパフェでした。
パフェはプラカップに入っていて、このトーマスのマグカップに入れて渡してくれます。
マグは持ち帰りできるので精算時にマグカップを入れる箱をくれます。
とてもかわいくて、子供たちは帰ってきてからもよく使っています。
magu.jpg
パーシー、ジェームス、トーマスが描かれていて15周年のロゴ入りでした。
15周年じゃなくなったらなくなってしまうのかもしれませんが、別のカップで売ってくれたらいいなーと思います。

長くなってしまったので残りはまた別の機会に紹介したいと思います。
3歳くらいのお子さんは楽しく遊べると思いますよ!
[2013/09/06 21:36 ] | 電車 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top
コンテナの行き先
長男は電車好きで貨物をけん引する「桃太郎」や「ブルーサンダー」などが大好きです。
当然プラレールも桃太郎が好きなのです。
たくさんのコンテナを積んで、多くのタンク車を引っ張る桃太郎は圧巻です。
音がかっこいいんですよね。
001.jpeg

私も長男につきあううちに大好きになってしまったのですが。
ちなみにママ友の間でも意外と貨物列車はかっこいいという話になり、
EF65が好きとかそういう話になったりもします。

しかし親としては「電車もいいけど少しは将来の役に立つ?ことを
覚えてほしいな」と思ってもいるのですが。

最近ではひらがなカタカナ簡単な漢字くらいは読めるので、東京の路線図や日本地図、
世界地図などを利用して電車の路線と地理を紐づけてやろうと画策しています。
上手く行ったらおかあさんのためのプラレール講座の知育のページでも紹介したいと思います。

そんなある日、息子のほうから発見をしました。
「おかあさん!あれ見て!」
002.jpeg
ほほう、トラックですな。
「コンテナだよ!いつも桃太郎についてるのに今日はトラックについてるね!」

これはいい機会だと思い、地図を使って簡単に説明してやりました。
遠いところから船や飛行機に乗ってたくさんの商品が届き、コンテナで日本各地に届ける。
その際に、同じ方向に運ぶ荷物は途中までまとめて運んだ方が都合がいいから
線路を使って桃太郎で引っ張ってきて、線路がないところへ運ぶときにトラックを使う。
というようなことです。

その日から遊び方が変わって、トミカタウンとプラレールを組み合わせて遊び、
船にコンテナを載せ、桃太郎に積み替え、桃太郎で運んできたコンテナを
トラックに積み替えたりしています。
実際に目にしたものを再現しようとするのは面白いなと思いました。

電車好きのおかげで駅名や幕回しに興味を持ち、身近な路線の駅名は読めるようになりました。
絵本も電車の絵本がお気に入りです。
特撮モノやヒーローものにはまるかと思いきやうちはまだまだプラレールファンを
継続することになりそうです。
[2013/06/06 12:22 ] | 電車 | page top
<<前のページ | ホーム |