スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
プラレール博 2015 in Tokyo に子供連れで行ってまいりました!…6
幕張メッセ国際展示場9ホールで開催中のプラレール博 2015 in Tokyo に子供連れで行ってまいりましたので、出来る範囲でレビューさせていただきます。
これからGWも本番となりますが、お子さま連れ・ご家族連れで行かれる方のお役に立てたら嬉しいです。
この記事はプラレール博 2015 in Tokyo に子供連れで行ってまいりました!…5 のレビュー記事の続きです。

このページではプラレール博で行われているアトラクションやゲームの感想を書いています。

◆プラレールつり
こちらは恒例ですが、1分間にどれだけ車両がつれるか、を競うゲームです。
もっとも多く釣った方は大漁記録保持者としてスペシャルプレゼントがもらえるそうです。
こちらは記録が更新されていきますから、用紙に記入して記録が確定するのを待つようです。

私たちが参加した時には最高記録は12両でした。
5秒に1両釣れる超人が存在しているのがすごいです。
私たち親子はせいぜい3両でしたが、何両つり上げても、もらえるのは1両なので、一番欲しい車両を先につり上げてくださいね。
万が一、坊主(1両も釣れない)の場合も、1両はもらえます。
二人の子供は二人とも白をもらいました。
プラレール博 2015 in Tokyo プラレールつり景品
緑やオレンジもありましたが、これは毎年同じなのでしょうか?


◆プラレールあみだくじ
プラレールのレールレイアウトが敷設してあります。
途中は布で覆われたトンネルとなっており、見えなくなっています。
そこで分岐したり交差したりして、あみだになっているわけです。

なかなか面白い趣向ですよね。
このあみだは三択ですが、ゴールが「クリア!」の線路を選んだ場合は、メタリックカラーの車両がもらえます。
シルバーのE4系新幹線Max、中間車両でした。
はずれた場合は赤い中間車両だったと思います。

うちの子供たちは残念ですが二人とも外れでしたが、車両自体はシルバーではないだけで、ちゃんと頂けるので別に問題ありません(笑)。


◆車庫入れゲーム
あみだくじと同じくレールが敷設されています。
ただし、見えない部分はなく、基本的に一直線にゴールに向かって進んでいきます。
円状のゴールは回転していて、5つに区分けされたうちの2か所が当たりです。
ゴール手前は坂道ですので、若干ペースが落ちるのも面白いところです。

電池が消耗するとペースが下がりますし、展開がなかなか読めるようで読めないのも楽しいアトラクションです。
子供二人のうち一人は当たり、もう一人は外れで、それぞれシルバーと赤の先頭車両をもらいました。


◆プラレールビンゴゲーム
このビンゴゲームは面白いゲームで、中がわからないようになっている箱の中に手を入れて、手探りで車両を取り出し、同じ車両で揃えると当たり、というルールです。
箱は3つあり、箱の中にはE5系はやぶさ、E6系スーパーこまち、E7系かがやき、の先頭車両、中間車両、後尾車両が左の箱、中央の箱、右の箱にそれぞれ入っています。

箱の中に入っている3種類複数の車両を手探りで取り出し、先頭車両、中間車両、後尾車両がすべて同じ種類の新幹線で一編成出来あがれば当たりです。
つまり先頭車両にE6系を取りだしたら、中間車も、後尾車両もE6系である必要があります。
他のゲームと違い、このゲームだけは実力で当てることができるので、腕に覚えのある方は是非挑戦してみてください。
うちの子供たちは二人とも先頭と後尾車両は同じものが選べましたが、中間車両を当てることができず外れて青地にプラレールのロゴ入り中間車両を頂いてきました。
プラレール博 2015 in Tokyo プラレールビンゴの景品
これもかっこいいですよね。
いいんじゃない、これ二つで…と思っていたのですが、実は他のゲームでシルバーのMaxの先頭車両、後尾車両が揃っていたので、どうしてもシルバーの中間車両が欲しいということで私も参戦いたしました。
次の記事で簡単な攻略法を書いておきますので、良かったらご覧ください。

◆プラレールサイコロコロコロ
プラレールのイラストが描かれたさいころを転がし、出た目の絵が塗りつぶされ、縦横斜めのマスが3つ揃うと景品がもらえるというゲームです。
さいころは2度転がすことができます。
縦横3×3の9マスで、ど真ん中はてっちゃんのイラスト、残りの8マスに4種類の絵柄が2マスずつ描かれています。
中央のてっちゃんは最初から点灯していますので、事実上はさいころを2度転がした時点で5マスが塗りつぶされますから、結構チャンスがあるゲームともいえます。
息子の方は3マス揃ってシルバーの後尾車両がもらえましたが、娘は外れて赤の後尾車両となりました。


◆乗ろうよ!大きなプラレール
こちらは毎度おなじみプラレールを模したいわゆるミニSL的なものに乗車してプラレールの世界を体感するアトラクションです。
ぐるっと一周するだけですが、子供とぷらきっずの縮尺が同じくらいに設定されているのでなかなか面白いですよ。
子供たちが乗る際、たまたまお母さんと離れ離れで不安になってしまったお子さんが、ご自分で車両を降りてしまったので緊急停止していました。
けがなどがなくてよかったです。

スタッフの方の誘導に従って一度乗客は車両を降りて、テスト運行してから再度乗り込むこととなりまして、貴重な経験ができました。
スタッフの方は「線路内人侵入のため、緊急停止致しました」と説明していて、鉄道の世界を壊さない配慮なんだなと感心しました。

子供たちは誰も乗せずに行っていたテスト運行を見て「回送車両だ!」と言っていましたので、トラブルもそれほど気にしていなかった&電車の世界自体を楽しんでいたようで、少し安心しました。


つづきます
スポンサーサイト
[2015/05/02 00:29 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<プラレール博 2015 in Tokyo に子供連れで行ってまいりました!…7 | ホーム | プラレール博 2015 in Tokyo に子供連れで行ってまいりました!…5>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://plarailmama.blog.fc2.com/tb.php/39-1698d73e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。